特定非営利活動法人多文化共生マネージャー全国協議会へようこそ


事業内容やご依頼について

 

 特定非営利活動法人多文化共生マネージャー全国協議会(通称、NPOタブマネ)では、多文化共生の推進にかかる研修や講演会を実施しているほか、各地の多文化共生マネージャーのネットワーク化を推進する事業を実施しています。

 個別具体的な内容については、お気軽にお問合せくださいませ。

 

お問合せ先 npotabumane@gmail.com


研修や講演会について

■講師派遣のご依頼

講師派遣依頼はコチラの様式により、メール等にてご依頼くださいませ。

↑「コチラ」をクリックしていただくと、エクセルの様式がダウンロードできます)

申込み先・お問合せ先 npotabumane@gmail.com

■料金

・講演・研修等に係る講師謝金

 基本料金 50,000円(半日程度)税別

 研修演題 多文化共生概論、やさしい日本語、災害時の外国人支援など

 ※内容や時間割単価などについては、個別のご依頼内容により相談に応じます。

 

・災害多言語支援センター設置運営訓練に係る謝金
 基本料金 80,000円(1日コース)税別

 ※おおむね10時~16時を想定していますが、個別のご依頼内容により相談に応じます。

 

旅費は別途、実費相当分をご負担いただきます。


多文化共生マネージャーのネットワーク化事業について

 

■多文化共生マネージャー活動推進助成金交付事業
 多文化共生マネージャー(タブマネ)が相互の自己研さんのために行う研修会や勉強会等を開催する事業に対して助成を行います。タブマネが企画・運営等に携わる研修会や講演会なども対象になりますので、幅広いさまざまな分野での事業展開も期待しています。
・助成額:3,000円/タブマネ1名あたり

 

■がんばる多文化共生マネージャー取材応援事業

 タブマネが、他の地域で活動するタブマネを取材し、相互の地域の状況について理解を深め、多文化共生社会を推進していく活動に対して助成を行います。具体的にはタブマネが自身の地域の課題を分析し、他地域で活動するタブマネの地域を取材することを通じて、地域社会へと貢献するために行う取材活動に対して助成します。取材結果は、タブマネHPなどの媒体で広く還元していくことで、全国のタブマネの活動の活性化を応援します。

・助成額:30,000円(旅費相当上限額)/タブマネ1名あたり

 

 

■実践!多言語支援センター設置運営訓練事業

 現在、各地域で多言語支援センターの設置運営訓練が開催されていますが、複数の地域のタブマネが参加する多言語支援センターの設置運営訓練に対して助成を行います。タブマネが当該訓練に参加に対する助成のほか、NPOタブマネのファシリテーターの派遣費用について、助成します。

・助成額:3,000円/タブマネ1名あたりの参加費

     100,000円(上限)/NPOタブマネファシリテーター派遣料

 

※ネットワーク化事業については、予算に限りがありますので、事前にご相談くださいますようお願いいたします。

ダウンロード
多文化共生マネージャーネットワーク化事業助成金交付要綱
2017tubnet_yoko.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 209.8 KB